プリリジーは先発医薬品だから高い・・・

プリリジーは早漏にはとても効果のあるお薬ですが、普通に病院で処方すると薬代が高いです。しかし、ネット通販を使うと安く購入できますし、ジェネリック医薬品もあり色々な種類を選ぶことができるのでお勧めです。

プリリジーなどのレビューで嫌いとされる理由

プリリジーが医薬品などのレビューを扱っているサイトで嫌いとされている理由としては、SSRIの副作用が関係しているものが多く、本来ならば3週間以上継続服用するものを短期間の使用で結論を出してしまっています。セックスの時だけに服用すると、効果が弱まるので、早漏の症状がひどい場合は、1ヶ月以上は継続して服用する必要があります。副作用としては皮膚が日光に過敏になるというものや、胃のむかつき、吐き気などがありますが、慣れてくるとこれらの副作用を感じなくなります。脳に作用する薬なので、セロトニンの量が安定するまでは、不安や緊張が強いのですが、3週間くらいするとセロトニンの量が安定するので、不安や緊張を感じにくくなります。SSRIの薬は、服用をしただけでは症状が治らないので、薬を服用したら実際に行動をして、正常なセックスが出来ることを何度も確かめなければなりません。早漏の症状が出なくなったら少しずつ薬の量を減らすようにして、最終的には飲まなくてもセックスができるようにします。セックスに対する緊張感は、時間に余裕をもたせることで改善することができるので、今日ダメなら明日すればいいと思うだけでも早漏の症状を軽くすることができます。EDの場合にも自分を追い詰めるような考え方をせずに、心に余裕を持つことで不安や緊張を軽減して、ペニスに血液が流れやすくなります。薬を服用したくない場合には、アルギニンを積極的に摂取することで早漏やEDを改善することができるので、鶏胸肉や納豆、にんにくなどを食べることで、勃起しやすい体質になることができます。早漏がなかなか良くならない場合には、プリリジーなどのSSRIを服用するだけで改善します。