プリリジーは先発医薬品だから高い・・・

プリリジーは早漏にはとても効果のあるお薬ですが、普通に病院で処方すると薬代が高いです。しかし、ネット通販を使うと安く購入できますし、ジェネリック医薬品もあり色々な種類を選ぶことができるのでお勧めです。

プリリジーは先発医薬品なので高い

プリリジーは世界で初めて早漏の改善に効果があると認められた医薬品です。現在では世界の60カ国以上で認可、販売されており、多くの人がその恩恵にあずかっています。ただし日本ではまだ未承認の薬であるため、一般的な病院では処方されていません。プリリジーを輸入している一部の専門クリニックでは処方してもらうこともできますが、健康保険は適用されないため、薬の代金は全額自己負担となります。しかも都市部の一部のクリニックだけでしか手に入れられないので、地方に住んでいる人はなかなか購入するのが難しいのが現状です。 しかし最近はインターネット上の薬の通販サイトなどを通じて、このプリリジーを個人輸入の形で購入することも可能になりました。このサービスが普及したおかげで、現在は居住地に関係なくいつでも自由にプリリジーを手に入れることができます。ただしプリリジーは値段も少々高めです。特許を取得した製法で作られた先発医薬品ですので、この点に関しては仕方のないことですが、早漏治療薬という性質上、性行為のたびに服用する必要があるので、頻繁に性行為を行う機会のある男性の場合はコストがかかってしまうのがネックです。もっともインターネットの通販サイトから購入する場合は、医療機関で処方してもらう場合に比べて薬価だけで済みますので、少しはコストを抑えることが可能です。 さらにプリリジーと同じ効能を持つ、後発医薬品を利用するという方法もあります。後発医薬品とは特許の切れた製法で作られた医薬品のことで、開発費用がかかっていないため、先発医薬品と同等の効果を持つものを安い価格で手に入れられます。プリリジーにも後発医薬品が存在しますので、少しでも購入費用を抑えたい人はそちらを利用するといいでしょう。

プリリジーのジェネリックは安い

早漏を治療することができる薬として特によく知られているのは、世界で初めて早漏治療薬として発売された「プリリジー」と呼ばれる医薬品です。この医薬品は日本国内では一部の泌尿器科や早漏治療専門クリニックで取り扱っているものの、厚生労働省で製造販売を承認していないため、基本的には病院や薬局で手に入れることはできません。プリリジーを取り扱っている一部の医療機関は、厚生労働大臣から輸入の許可を得て、外国の市場に出回っているものを輸入して患者に提供しています。 したがって、プリリジーを手に入れる方法は、この医薬品を取り扱っている医療機関へ行く方法と、個人輸入代行サイトで自ら注文する方法の2つということになりますが、どちらの場合においてもネックとなる点があります。それはプリリジーの価格です。 プリリジーは1錠あたりの価格の相場が2,000~5,000円程度となっていて非常に高いです。通常、日本国内の医薬品は保険が適用できれば自己負担額を大きく減らすことができますが、プリリジーは外国製医薬品であるため、当然保険の適用対象外です。よって、薬代は全額自己負担をしなければなりません。早漏を薬によって改善したい人の中には、できるだけ出費をせずに治したいと考える人も少なくなく、この価格の高さは薬による早漏治療を躊躇させる要因になります。 もし、どうしてもプリリジーを使わなければならない理由が無いのであれば、この医薬品のジェネリック品の購入を検討すると良いでしょう。例えば、インドの製薬メーカーが製造している「ポゼット」と呼ばれるプリリジーのジェネリック品は1錠あたり300円程度と、先発品の1割前後の価格で販売されています。ジェネリック品は薬理作用が先発品と同じであるため、コーティングに使用されている成分が気にならないのであれば、ジェネリック品も十分考慮に入れられるでしょう。

プリリジーのジェネリックの種類と価格

プリリジーは高い医薬品になりますが、そのジェネリック医薬品であれば、お手頃な値段で購入することができます。たとえば海外の医薬品を購入することができる個人輸入代行業者であれば、プリリジーが6錠13000円のところ、ジェネリック医薬品であれば10錠が1500円ほどになりますので、どれだけ価格破壊を起こしているのかがわかるはずです。プリリジーはクリニックで処方してもらえますが、そのジェネリック医薬品であるポゼットは処方してもらえないことが多いです。その事情をよく理解することが、プリリジーのジェネリック医薬品であるポゼットをうまく活用することができるでしょう。 厳密にいえばジェネリック医薬品ではなく、模倣品になります。それでも成分はしっかりプリリジーと同じようにダポキセチンが配合されていますので、効果に疑いはありません。ポゼットを製造している製薬会社はインドにあり、この国には医薬品に対する特許がありません。このことからこのような価格破壊を起こす製品を販売することができます。ただ医薬品ですので、安い理由だけで個人輸入で購入するのはリスクが伴うことを知っておきましょう。 一番大きいのは副作用のリスクです。日本は公的機関が対応してくれる医薬品副作用救済制度がありますが、個人輸入の場合は利用することができません。海外の医薬品は自己責任で使用しなければなりません。ジェネリック医薬品を購入するのであれば、念のためにプリリジーを処方してくれるクリニックで診察を受けて、問題なく服用できれば個人輸入を利用するかたちの方が安心して服用できるはずです。プリリジー自体副作用が少ない医薬品になっていますが、服用できない人もいますので、安全性を確かめて購入することが大切です。